【第6節】レジスタ長岡戦

9月9日、氷見市ふれあいSCで

北信越フットサルリーグ第6節が開催されました。

 

16時キックオフ

 

前半3分

立ち上がりは比較的落ち着いていたものの、

クリアランスミスからショートカウンターを決められ0-1に。

 

前半12分

タイムアウト明け、No.22久保井が右サイドからシュートを放ち

相手ゴレが弾いてこぼしたところをNo.7安田が左足一閃。

今シーズン2得点目となるゴールを決め

1-1の振り出しに戻す。

 

 

ハーフタイム。

それぞれが修正すべきところを話し合って後半へ。

 

 

なかなかシュートまで持って行けずに苦しんでいると

後半16分にDFの遅れから混戦になり、

最後は味方に当たったのか(?)ゴールラインを割ってしまい

1-2。

 

さらに後半19分。

DFのズレ、カバーのズレからファー詰めを決められ1-3。

 

そこからパワープレーに出ましたが、シュートまで届かずタイムアップ。

 

苦しい苦しい連敗となってしまいました。

2試合続けての「シュート本数の少なさ」が課題浮き彫りとなりました。

 

 

幸い、今週は3回トレーニングがありますのでそこでしっかりと話し合って

修正すべきところ、再構築すべきところを決めて行きたいと思います。

 

次節は9月16日みしま体育館でカベーラ新潟さんと対戦します。

14時10分キックオフです。

前半戦ラストとなるゲームをしっかり勝ちきって後半戦に挑みたいと思います。

引き続き、ご声援のほど宜しくお願い致します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA